医龍4 第9話 あらすじ ネタバレ 稲森いずみの加藤晶の信念は

inamoriizumi09

医龍4の第8話で、桜井病院に派遣された
早川昭吾(柄本佑)にスポットが当たりましたね。

ありきたりなヒューマンドラマ的
感動話ですが、非常に面白かったです。

だからこそ面白かったというのが
本心です。

スポンサーリンク


inamoriizumi14

第8話を振り返ってみましょう。


スポットライトは、完全な脇役だった
早川昭吾(柄本佑)でした。


頭がいい反面、理屈ばかりで、
患者視点にならない
ある意味最低の医者です。

医者になるべき人物じゃありません。

むしろ人間失格さえある存在でしたが、
朝田龍太郎(坂口憲二)は、
彼に患者の気持ちになること、
医者の気持ちになることの大切さを
手術させながら教えます。

心の大切さを教えてくれました。

テクニックや知識じゃなく
医者自身も患者を救いたい
そんな気持ちにならないと
ダメということですね。

最後の「心臓動いてくれ!!」
ここにすべてがありました。


そして
岡村征(高橋克典)のビジネスによる医療
野口賢雄(岸部一徳)の利権による医療
朝田龍太郎(坂口憲二)の患者視点による医療


徐々に野口が岡村を疑い始めてきましたね。


対立構図が三つ巴になってきました。


三国志のような世界ですね。


そして遂に野口が岡村の本性を知ってしまった
そんな場面で第8話が終わりました。



第9話では、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク



まずは第9話のあらすじ公式サイトより

朝田龍太郎(坂口憲二)と同時進行で
桜井修三(平幹二朗)のオペを行える
脳外科医がみ­つかった。


アメリカの医師のマイク・ボールドウィン(Don J)で、
オペは可能だが2年先でしかも莫大な金額がかかるとの返事に、
朝田たちは別の­医師を探すことにする。



L&P病院の顧問室に呼び出された加藤晶(稲森いずみ)、
伊集院登(小池徹平)、荒瀬­門次(阿部サダヲ)は、
野口賢雄(岸部一徳)に1週間後に5歳の男児のオペを依頼され­る。

さほど難しいオペではないが、親会社の副社長の息子であるため
万全を期してのため­だった。


同じころ、桜井総合病院の朝田を訪ねてきた岡村征(高橋克典)は、
古い知人のマイクに­ひと月後に桜井のオペを引き受けさせたことを告げる。


朝田がL&P病院へ移るのが交換­条件だという岡村に朝田は…。


以上公式サイトから


遂に桜井院長を切り札に岡村から朝田への
挑戦状が出されますね。


L&P病院に全員行ってますが、
皆普通に桜井病院に戻って
手術の手伝いやっていますから、
挑戦状と言っても全く説得力ない
シナリオなんですけどね。


L&P病院の院長になった荒瀬­門次(阿部サダヲ)ですら
速攻で駆けつけるくらいですから。

シナリオ的には、L&P病院に引き抜くのは
もうどうでもいいことなので、
後半の面白さは、岡村の過去と朝田の過去に
どんな共通項があって、
どうして岡村の視点がビジネスになったかに
かかっているなと。


お金がないため、母親の手術が出来なかったとか。

それだけじゃ面白くもないので、さらにドラマが
あってほしいものです。


稲森いずみさん演じる加藤晶ですが、
どうも医龍4ではクローズアップされないですね。

初回放送時は、人工心臓の研究を
スキャンダルねつ造でつぶされた
そんな説得力ある登場でしたが、
岡村にぞっこんのふりのような
そうじゃないような?


ビジネスの力に傾倒している様な
していない様な中途半端な役で

稲森いずみファンとしては
元祖医龍のように
もっと活躍させてくださいと
お願いしたくなる進行です。



稲森いずみ演じる加藤晶の
活躍を期待しつつ

坂口憲二演じる朝田と
高橋克典演じる岡村の
どんでん返しなラストを
楽しみにしたいと思います。

「医龍4~Team Medical Dragon~」オフィシャルサイト

inamoriizumi09













スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

関連記事





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量