医龍4 第8話 あらすじ ネタバレ 稲森いずみの加藤晶の心情は?

inamoriizumi12

医龍4の視聴率が10%代と苦戦ですが、
加藤晶演じる稲森いずみさんの活躍次第で
視聴率アップになるかも注目ですが、
第8話では、いよいよ朝田と岡村の対決になるかに
注目していきましょう。

スポンサーリンク


inamoriizumi13

第7話では、伊集院が結局L&P病院に移ってしまいましたね。

いままでの流れですと、普通に岡村が交渉しても
移動できるそんな流れですよね。

筋書きに、どうしても移動しなきゃならないそう思う
感情移入や、絶対に桜井病院に戻してみせるそんな
状況すらないので、物語にのめり込めないシナリオですね。

天敵である野口も徹底した悪ではなく、
むしろ同情してしまうようなツライ過去も暴露されましたしね。

物語は、徹底して悪と正義を対比させていくほうが
わかりやすく、感情移入しやすいので
そういった点では、以前の医龍に比べて
弱さが残ります。

岡村が実は医者だったそんな不可思議なシーンで
第7話が終わったところだけは、ちょっと面白かったですね。

スポンサードリンク



さて第8話ですが、以下は
公式予告でのあらすじです。

看護師に呼ばれた朝田龍太郎(坂口憲二)が診察室へ向かうと、
中から患者の母親である前原好美の抗議する声が聞こえてきた。
診察にあたった早川昭吾(柄本佑)の対応に不満を訴える好美に、朝田は診察を代わる。


その後、猪原薫(キムラ緑子)に言われて渋々やっていた採血やバイタル測定でも、
患者に下手だと文句を言われてイライラを募らせていく早川。
岡村征(高橋克典)に電話をしてL&P病院へ戻して欲しいと訴えるが、
朝田から学ぶことがあるはずだと有無を言わせず切られてしまう。


L&P病院に移った伊集院登(小池徹平)は、自ら提案した研修医が
全部の科を回る新しい研修プログラムを実行していた。

早川にも研修プログラムを渡し、時間がある時に受けるように勧めるが、
早川は時間はなくプログラムも無意味だと一蹴する。


一方、加藤晶(稲森いずみ)は桜井修三(平幹二朗)のオペができる医師を探し出した。
アメリカで一番と言われている脳外科医のマイク・ボールドウィンで、
交渉に入るという加藤に朝田は症状を考慮して2カ月以内にオペがしたいと言う。


桜井総合病院に、足のむくみを訴える長沼芳江がやってきた。
早川は簡単に診察を済ませ下枝動脈瘤と診断。

立ち仕事をしている女性にはよくある症状だと説明し、芳江を帰宅させた。


翌日、呼吸困難で倒れた芳江が運ばれてきた。
朝田を呼ぼうとする猪原を止めて早川が治療にあたるが、
芳江は意識を失ってしまう。


◇木曜劇場 「医龍4~Team Medical Dragon」 第8話 予告 フジテレビ
 2014年2月27日(木) 22時00分~22時54分 放送予定


朝田がL&P病院に来なきゃいけない理由がどういうシナリオなのか
岡村が何をしたいのか?

こに辺りが一番面白くなりそうです。

勝手な予想ですが、岡村は朝田と似たような医者か?
朝田のような医者がいれば助かったはずの母親がいた?
もしくは助けたい患者がいるなどの背景があって
L&P病院のコンサルしているのではないでしょうか?

どちらにしても桜井院長の手術と岡村の背景が
オーバーラップします。

一方野口は、桜井院長との遺恨が平和的に解決するのか?
さらに悪魔になって失脚するのか?

そんな展開をドキドキしながら楽しみたいですが、
稲森いずみ演じる加藤の活躍が今一つパッとしないので
もっとかっこいい展開を期待したいですね。














スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

関連記事





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量