医龍4 第7話あらすじ ネタバレ 稲森いずみさんの加藤晶は岡村にぞっこん?

inamoriizumi07

医龍4 第6話で、桜井修三(平幹二朗)と野口賢雄(岸部一徳)の
過去が暴かれましたね。

学生運動の話まで遡る遺恨の2人。

そしてなぜか普通に桜井病院にも勤務していた加藤晶(稲森いずみ)。
なんだか腑に落ちない展開でしたが、、、第7話にはどんなドラマが。

スポンサーリンク

inamoriizumi07

桜井と野口の関係が、先輩後輩の関係は、いいんですが
近くの病院で、しかも朝田が勤める病院の院長である
桜井のことを野口がいままで知らなかったという設定は
どうかと思いましたね。

少なくとも桜井病院に、朝田がいるなら気になるでしょう。
朝田がいなくても近くの総合病院の院長なら
誰かくらいは知っているでしょう


今回の医龍4は、そこまで深く考えてはいけないんですね。



さて第7話です。こちらは公式より

「L&P病院に入院中の桜井修三(平幹二朗)に
検査結果を聞かれた朝田龍太郎(坂口憲二)は、
脳に発見された巨大な動脈瘤のことは伏せ、
胸部大動脈瘤とだけ告げる。


一方、岡村征(高橋克典)は「次のターゲットは
朝田ではなく伊集院登(小池徹平)である」と、
野口賢雄(岸部一徳)に話す。


その頃、伊集院は婚約中の樋口美雪(中村ゆり)に呼び出されていた。

明真を辞めたことがばれてしまい、
伊集院は「桜井総合病院には自分が求めている医療がある」と
必死で訴えるが、美雪は泣き崩れてしまう。


朝田と加藤晶(稲森いずみ)と荒瀬門次(阿部サダヲ)は、
桜井を救うためには脳と心臓の同時オペが必要と判断。

朝田と同時にオペのできる優秀な脳外科医を早急に探すことを決める。

帰ろうとする朝田の前に、鬼頭笙子(夏木マリ)が現れ、
アメリカの脳外科医を探すように助言する。



その後、美雪から父親の豊(斉木しげる)が末期ガンで
余命3カ月と宣告されたと聞いた伊集院。

そのことで2人が気まずくなることを心配した豊が
桜井総合病院にやってきた。

治療を拒否し、「ホスピスを探すつもりだ」と言う豊に、
伊集院は桜井総合病院への入院を勧める。

そして、朝田に豊のオペを打診するが、
「患者の体に負担がかかるだけでガンを完全に
排除することはできない」と断られてしまう。

うちひしがれる伊集院に、
朝田は「患者にできることは切ることだけじゃない」と話す。



一方、朝田たちの脳外科医探しも困難を極め・・・。」

以上フジ公式より



スポンサードリンク


今まで目立たなかった伊集院が今回の主役ですね。


桜井総合病院に行くのを認められないなら、別れてしまっても
そんな気もしますが、ドラマなのでお父さん登場して
無事、理解されハッピーエンドになるんでしょうね。


末期がんをどう救っていくのかが面白そうです。

最近のガン治療には精神的なケアが最も大事で
延命になるなどの例もあるので、
そういうケースになるんでしょうかね。



一方桜井院長の手術もいよいよ佳境になってきました。
無事手術が成功するのか?
朝田、後は頼むになるのか?

どちらのシナリオになるにしても
アメリカとの繋がりが出てきて
極めて困難な手術を成功させる
そんなストーリーが見えてきますね。



私が応援する稲森いずみさん演じる加藤晶ですが、
岡村のビジネス論に傾倒している気もしますが
そういう役でしょう。


岡村自身が結局はどういう人物なのかによって
やはりこのドラマの評価は決まるような気がしますね。


哀しすぎる過去があるのは間違いないので、
それに対して未来をどう描いているのかを
楽しみにしながら

加藤晶役の稲森いずみの活躍に期待しましょう。



それにしても人間心理の描き方が今一つ
深くないシナリオなので、以前の医龍に比べて
印象が薄くなってしまいますね。


最後にドンデン返しなら傑作ですが、
そもそも1話1話で視聴率取れるか取れないかなので
急に変わることはないんでしょうね。





inamoriizumi08













スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

関連記事





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量