ファーストクラスvsきょうは会社休みます 第5話視聴率で次はどうなる?

ファーストクラス応援02

水曜22時の同時刻対決で注目されている沢尻エリカさん主演の「ファーストクラス」と綾瀬はるかさん主演の「きょうは会社休みます」第5話までの視聴率が発表されましたね。

結果はどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク


まずは、第4話までの視聴率をそれぞれ振り返ってみます。

 

「ファーストクラス」は、8.8%→8.3%→5.8%→7.1%

初回から第3話まで視聴率は下がり続け、第4話で7.1%とやや持ち直したものの、第2話の8.3%に及ばずでした。

 

「きょうは会社休みます」は、14.3%→17.0%→17.1%→17.3%

初回から第4話まで視聴率が上がり続け、第2話以降は、「ファーストクラス」とダブルスコア以上の差をつけています。

 

「ファーストクラス」流のマウンティングランキングでたとえるなら、綾瀬はるかさんがぶっちぎりの独走態勢という状況です。

 

そんな中、第4話で沢尻エリカさん演じる吉成ちなみが監禁されるきわどいシーンで終わった「ファーストクラス」の巻き返しを期待しましたが、第5話の視聴率も、第4話と変わらずの7.1%という結果でした。

「ファーストクラス」第5話でようやくファッションデザイナーとしてのプライドや志を軸にしながらも足の引っ張り合いをする面白い展開になったので、視聴率が伸びなかったのは残念でしたが、次回以降、前作「ファーストクラス」を支持したファンも戻ってくるのではないかと思います。

特にシシド・カフカ演じるナミ絵の土下座が大袈裟感もあって好印象でしたね。

 

一方「きょうは会社休みます」の視聴率は、15.8%でした。
相変わらず、「ファーストクラス」のダブルスコア以上の視聴率ですが、前回の17.3%に比べて1.5%減になっています。

中だるみ現象は、よくあることですが、1.5%減は気になりますね。

一部視聴者が、そろそろ綾瀬はるかさん演じる花笑の優柔不断さや考えすぎなところに愛想がつき始めたのか?そんな声もありそうですが、第5話の展開こそ典型的なハラハラドキドキで、ライバルが現れ、恋ゆえに勘違いしてぎくしゃくしてしまうそんなシーンを見事に描写していたと思います。

 

同時刻じゃなきゃよかったのにというくらい、どちらも第5話は見ごたえがありましたね。

 


そして第6話、視聴率はどうなるのか?

 

「きょうは会社休みます」が若干視聴率下がって、ファーストクラスが横ばいなので、もう少し差が縮まると予想しますが、「きょうは会社休みます」は、心の行き違いがまた出てきそうなので、ハラハラ感あって16%から17%の視聴率に戻りそうです。

「ファーストクラス」は、それを上回る伸びを示してほしいところです。

 

その為には、第5話で描いたファッション業界とファッションに携わった出演者のファッションへのこだわりとプライドが表に出る展開が必要です。

折角、ナミ絵が土下座したので、その展開が政治的な駆け引きメインにならないことを期待しています。

 













スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

関連記事





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量