矢口真里がミヤネ屋独占で復帰する理由は?

矢口真里01

矢口真里さんがミヤネ屋で遂に復帰しましたね。
ただなぜミヤネ屋なんでしょうか?
どうも納得いかないこともありますので、その真相を追ってみます。

スポンサーリンク


そもそも矢口真里さんが復帰で大騒ぎするは、どうかと思いますが、
日本人は寛容で禊が済んだという判断なんでしょうかね。

というよりもこれだけマスコミが報道するのは、
矢口真里さんの人気が未だに衰えていない証なんでしょうね。

スポンサーも含めてお金になるからこそ、事務所もメディアも出演させたわけです。

ミヤネ屋に出演し、矢口真里さんは「全て私の責任」とおっしゃっていたにもかかわらず
宮根さんが、まるで悪くなかったかのような発言にはどうかと思いました。

夫婦関係が崩壊していても、
やはり、矢口真里さんがやったことは許されるべきではありませんので
無期限休止で謹慎になるのは当然だと思います。

それでも「ミヤネ屋」で復帰を選んだのは、
矢口真里さんに不利にならないシナリオが出来たからにほかなりません。

宮根さんがいきなり、復帰する期間長すぎとか、世間に迷惑かけてないとか
言っていますが、

芸能人は世間に影響を与え、夢を与える立場なので、
世間に迷惑は、ゼロではないでしょう。

矢口真里さんを信じて応援していたファンを裏切ったことですから
当然迷惑ゼロではありません。

当時レギュラー番組を降板したのも事実ですから、視聴者に失望を与えたのは事実です。

復帰まで長いと言っていましたが、
芸能人じゃなければ、永久追放のままです。

1年5か月でも私は短いと思いますが、
ただし本人次第では、再生できるのが人間です。

過去は、かなりやんちゃで遊んでいたでしょうが、
結婚して、騒動起こして、離婚して
精神的にも追い詰められて、人生のあり方を
見つめなおすことが出来たでしょう。

 
なので、もし今後ファンの期待に応えて一層あの明るいキャラ、
もしくはこの1年5か月で唯一磨いた陶芸の精神力で独自のキャラを
出せるのなら矢口真里さんの復活はあるでしょう。

 

視聴者が聞きたかったあの騒動の真意については、
離婚の際にプライベートなことは公言しないという約束をしていたようで
真相は出ませんでしたが、まあその後の経緯からしても
矢口真里さんが全て自分の責任と言っているので、報道された事実に近い
修羅場があったのは間違いないでしょうね。

それにしてもお茶の間がもっと知りたい真相まで
突込みがなかったのは、当初の予想通りでしたが、
宮根誠司さんも隠し子騒動経験なので擁護してしまうのはやむなしでしょう。

穏便に進むシナリオだからこそ、「ミヤネ屋」に出演でしょう。

これからの矢口真里さんですが、読売テレビに出演したわけですから
既に水面下でいくつかのオファーがあるのは間違いないです。

TVドラマに出演か、バラエティに出演かは、わかりませんが、
私なら感動ドキュメンタリーあたりのレポーターで復帰させて、
新しい矢口真里の真面目にひたすら頑張る姿を強調させます。

というか本人がどうしたいのか次第なんですよね。

女優になるなら必死に演技力磨くことですし
アーティストになるなら必死に歌唱力磨くことです。

そういう今後の話が一切なく、過去に対してお詫びする姿しかなかったので、
まだ将来は迷っているのかもしれません。

矢口真里さんクラスなら事務所が勝手にシナリオ作って
その流れに従うという、大失敗パターンはないでしょうから
矢口真里さん自身がどう夢を描き始めて行動していくか次第ですね。

矢口真里さんは、キャラとしては明るさ、天真爛漫さがありますが、
本当の性格は血液型A型なので、落ち込むと慎重になって行動できない
性格かもしれません。

だから半年誰にも会えず、気持ちを切り替えられなかったのではないでしょうか。

芸能界でもう一度生きていくなら、応援してくれたファンのために
今まで以上の覚悟で新、矢口真里を打ち出す必要があります。

過去の失態ばかり気にしても先に進めませんから、
気持ちが未来に向かえば、矢口真里さんならまだまだ活躍できるでしょう。

今の彼氏が、離婚原因を作った当事者である梅田賢三さんであることは
ちょっと引っかかりますね。

プライベートなことなので、わたしがとやかくではないですが、
潔く交際宣言は立派ですが、過去を断ち切っていない証になってしまいましたね。

過去の栄光も挫折も捨て、もう一度一から新たなことに挑戦しないと














スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量