雨宮塔子が離婚?整形劣化画像が原因なの?子供は?進藤晶子は?

雨宮塔子03

雨宮塔子さんの離婚報道が出ましたね。

いきなりスポーツ新聞一面でしたのでびっくりですが、真相はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク


雨宮塔子さんは元TBSアナウンサーで女子アナブームに乗って一時期は元祖アイドル女子アナと言われるくらい人気がありました。

 

1970年12月28日生まれ、東京都杉並区荻窪出身で、大学は成城大学なので典型的なお嬢様系アナです。父親が「文學界」の編集長ですからね。

身長は163cm、血液型はO型なので性格は姉御肌で経済観念もある目標一直線タイプです。

 

そんな性格からか1999年にTBS退社して、絵画勉強のためにフランス・パリに行き、そのまま2002年にパリで出会った「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」のオーナーシェフ青木定治さんと結婚して、パリ在住のまま一男一女の子供が生まれてパリジェンヌ生活を満喫していると思っていました。

 

 

ところが、離婚報道です。いったい何が起きたのでしょうか?

 

誰もが羨ましがるパリでのセレブな生活が不満なんでしょうか?

ちょっと信じられませんが、すでに離婚協議中で2013年から別居していて、親権も雨宮塔子さんが譲り受けての離婚とのことです。

 

離婚の原因は新聞報道によると旦那である青木さんが超多忙で、家族の時間が全くなくなってすれ違いになったような報道です。

 

青木さんの女癖が悪くて遂に三行半を突きつけた説も出てきそうです。これは以前からも言われていたことで、子供も出来たから雨宮塔子さんが我慢していたとも言われています。子供も大きくなってきたので、決断を下したことになりますね。



 

 

ネット上では雨宮塔子さんが劣化し整形をし、また劣化し整形をと繰り返しているとも言われています。

雨宮塔子01
 

以前よりもキレイになっていますね。劣化が原因はないでしょうが、雨宮塔子さんがパリで整形、美容に多額の浪費家だったら旦那さんが我慢できない可能性はありますね。

 

 

夫の青木さんの事業が実は多額の負債を抱えているので、連帯保証人になるのを避けるために離婚という説もでてきそうです。

 

ある意味これはあり得る話です。ほとんどの資産家はいきなり稼いでしまうとお金の価値判断が変わって、結局事業は多額の借金まみれになります。最初は幸せだったのが、気が付くと使えるお金すらない、雨宮塔子さんがアナウンサー時代のコネクションでレポーターやったりして稼がないといけない。

だから2014年5月に「テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える”巨大噴火”日本人へ 古代ローマからの警告」にレポーターとして進藤晶子アナウンサーと13年ぶりに共演したり、7月22日に「パリ、この愛しい人たち」(講談社)という書籍も出版したのかもしれません。

 

雨宮塔子02

パリ、この愛しい人たち

新品価格
¥1,512から
(2014/9/5 06:28時点)


 

パリ特派員としての仕事ならいくらでもありそうですので離婚してもパリで生活していけそうですが、雨宮塔子さんならもっと文化交流的な活動も出来るでしょう。

 

 

 

 

 

 

進藤晶子02
 

13年ぶりに共演した進藤晶子さん相変わらずかわいい雰囲気がありますね。2006年プロゴルファー・深堀圭一郎さんと結婚し、子供が一人います。2012年まで家庭に専念していましたが、最近は時々キャスターを務めていて雨宮塔子さんと13年ぶりに共演となりました。

 

 

TBSの策略の匂いもありますが、往年の女子アナブームの主役がまたTVで活躍するのは懐かしくも嬉しいですし、二人は仲が良いみたいなのでまた共演してもらいたいものですね。













スポンサーリンク


この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています





アラフォー美人女優は女神

ページ上部へ戻る

无觅相关文章插件,快速提升流量